1. HOME
  2. ごあいさつ
  3. どこ展とは

岡畑 典裕
代表取締役社長

どこ展とは

常設“どこ展”、進化中。
いつもどこ展にアクセスいただき、ありがとうございます。
CITE Japan2021と同時にスタートさせた“どこ展“、おかげさまで好評を博し、お問い合わせ、サンプル依頼も多数いただいております(面談予約もぜひ!)

「サステイナブルを韓中印から」「アジア発、おどろきの次世代素材」をテーマに、13PDや化学品成分内包型エコカプセル、ヒアルロン酸シートなど既存展示9品目については、“思わず話を聞いてみたくなる“動画とデータを追加し、コンテンツを充実させる予定です。


<化粧品は日本メーカーさまも参画予定!機能材展も仕込み中>
化粧品展の新しい試みとして、日本メーカーさまのご協力も得て、ユニークで新しい原料もご紹介します。どこ展ならではの、“思わず話を聞いてみたくなる“新原料コンテンツにご期待ください。

化粧品原料の次は、機能材展です!10月開催のケミカルマテリアルJapan2021に合わせ、その少し前には公開できるよう、準備中。

お客様には、非接触社会における、新材料との出会いのきっかけに。
メーカーさまには、“思わず話を聞いてみたくなる“新原料コンテンツ作り、開発営業の選択肢のひとつとして、岡畑興産の“どこ展“をぜひご活用ください。


<営業開発コンテンツ作りのお手伝い:どこ展からのご提案>
岡畑興産の考えるデジタル・コンテンツは、“社内転送しておこう“、“ちょっと話を聞きたい“、と思っていただく為に、①お客様目線に立った、②暑苦しい位の熱量と愛嬌、で勝負です。従来のプレゼン資料をオンラインにそのまま出しても、全く響かないのは何故でしょうか? 自己反省的でお恥ずかしい限りですが、弊社の従来営業資料は、対面説明を前提に、売り手目線(我々都合)で作られ、それを営業トークで補ってきたのです。

だからこそ、①お客様目線で、②暑苦しく(熱量と愛嬌)、仕立て直す必要がありますし、取組姿勢としての、“何度も作り直す、軽やかさ“がなければ、デジタル・コンテンツ作りは不可能です。

展示会もいまいち盛り上がらないし、新規開発のチャンスがないとお悩みのメーカーさまは多いかと思います。いまいち伝わりにくいけど、面白い原材料のデジタル・コンテンツを一緒に作らせてください(もしくは丸投げもOKです)。

専門商社の強みは、コンテンツを通じて、お客様と対話機会を作ることにあります。コンテンツ作りから、対話まで。新しい用途開発のサイクルを始めるきっかけが作れれば、専門商社として、これ以上の喜びはありません。

愛嬌なく、暑苦しいだけのご挨拶ですが、新しい原料探しのヒントに、どこ展、岡畑興産ブログも定期チェックいただけると嬉しく思います。

引き続き、知りたいのすぐそばに(数クリック先)、どこ展と岡畑興産をよろしくお願いいたします。

岡畑典裕