豆知識

ファーストシューズの選び方とは?用意する時期や選ぶポイントを解説

こんにちは、岡畑興産のこじろうです。

 

赤ちゃんにとって初めて履く靴となると、成長も感じられる機会なのでパパ・ママにとっても思い出に残るイベントの1つになりますよね。

 

生まれて初めて履いた靴のことを覚えているという方は少ないと思いますが、実はこのファーストシューズと呼ばれているものは、赤ちゃんの成長に欠かせない重要なものなのです。

 

いつから用意して履かせるのか?サイズは?など、わからないことも多いと思います。

今回はファーストシューズについて、履かせるタイミングや選び方、バリエーションなどをご紹介していきます!

 

 

 

ファーストシューズとは?その役割や履かせるタイミング

ファーストシューズとは、赤ちゃんにとって初めて履く靴のことを指します。

外で歩くための靴の役割はもちろん、外で歩くことに慣れるための役割もあります。

 

家の中は平坦ですが、一歩外に出ると環境は全く異なります。

道路の凹凸、勾配、段差など大人にとっては何ともなくても、赤ちゃんにとっては初めての感覚です。

 

そういった環境に慣れるためにも、ファーストシューズは重要になってくるのです。

 

履かせるタイミングは、赤ちゃんが何も掴まらず10歩程度よちよち歩けるようになる1歳から1歳半頃がおすすめです。

 

ただし、掴まり立ちや1人で立つことができたからといって急いで購入するのは少し待ってください。

赤ちゃんは成長が早いので、歩き始めた頃に履かせようとするとサイズが小さくて入らない…という可能性もあります。

購入は赤ちゃんの成長に合わせましょう。

 

また、初めは“靴を履く”感覚に慣れることが大切です。

いきなり外でのお散歩ではなく、お家の中で靴を履いて歩く練習から始めてみることをおすすめします。

 

 

 

ファーストシューズの選び方とサイズの測り方

赤ちゃんの足にとって大事なのは、下記3点の特徴を持つファーストシューズを選ぶことです。

 

①つま先が少し反り上がっているもの

②かかとが固定されているもの

③靴底がしっかりしているもの

 

土踏まずがまだ成長していない赤ちゃんはつま先を上げられないため、よちよち歩きになります。

 

つま先が少し反り上がっていると、歩くときに地面を蹴りやすくなり、つまずき防止になるため転びにくくなります。

 

かかとの骨も未発達なため、かかとや足首が固定されていて、靴底がしっかりいているファーストシューズがおすすめです。

 

これらの特徴は赤ちゃんが歩きやすくなるだけではなく、けがの防止にもつながります。

 

+αとして脱ぎ履きが楽なデザインを選ぶことも大事です。

 

脱ぎ履きがスムーズにできるデザインだと、赤ちゃんも履かせる側もストレスなくお散歩やお出かけが楽しめます。

 

おすすめはマジックテープが使用されているファーストシューズ。

ベロ全体がマジックテープになっているものだと脱ぎ履きが楽な上、きつさの調整も楽にできます。

 

 

サイズの測り方は?

足長(つま先からかかとの長さ)、甲の高さ、足の横幅の3箇所を測ります。

赤ちゃんはすぐ大きくなるので、つま先に5〜10mmほど余裕を持たせるのがポイントです。

 

サイズ計測のスケールをプリントアウトして測ると、簡単にできるのでおすすめです。

プリントアウトすることが面倒くさい場合は足のサイズを測るアプリもあるので、測りやすい方法で試してみましょう。

 

ファーストシューズを販売しているお店でも計測してくれるので、サイズ計測に不安な方は足を運んでみてください。

 

つま先の余裕は、インソールでチェックすると良いでしょう。

靴からインソールを抜き、インソールの上に赤ちゃんの足を置いて5〜10mmほど余裕があるか確認してください。

 

 

US,UK,EUの靴のサイズを換算!正しい足のサイズの測り方も

こんにちは、靴のOEM商社「岡畑興産」のはなです。 自分の靴サイズを知らない人はいないと思いますが、実際に買った靴のサイズ感がおかしかったことはありませんか? その靴のサイズ表記はUSサイズでしたか? ...

続きを見る

 

 

 

どんなファーストシューズがおすすめ?

 

おすすめのファーストシューズはパパ、ママが履いているシューズブランドのファーストシューズです。

 

パパママと赤ちゃんでお揃いの靴を履けちゃいます!

 

そのほか赤ちゃんの名前を入れられるシューズもあり、成長して履けなくなっても初めて履いた思い出の靴として残すことができます。

 

また、赤ちゃんの足の動きを研究して開発されたシューズや、左右逆に履かないよう別色の中敷を入れたシューズ、靴ずれしないようかかとにフィットするパッドがついたシューズなど、楽に履ける工夫が凝らされたシューズも多いです。もあります。

 

種類もデザインも多くて迷いますが、赤ちゃんの足に合った履きやすいファーストシューズを選ぶことが大切です。

 

かわいいファーストシューズでパパママ、赤ちゃんみんなでのお出かけライフを楽しんでくださいね。

 

 

 

ファーストシューズの選び方を知って思い出の一足を見つけよう

赤ちゃんにとって初めて履く靴である「ファーストシューズ」。

道路の凹凸、勾配、段差など、外で歩くことに慣れるためにも選び方が重要です。

 

つま先が少し反り上がっているもの、かかとが固定されているもの、靴底がしっかりしているものを選ぶと安心でしょう。

 

また、ベロ全体がマジックテープになっているなど脱ぎ履きが楽なデザインを選ぶことも大事です。

 

サイズの正しい測り方も知って、赤ちゃんにぴったりの一足を見つけられると良いですね。

 

岡畑興産では、真面目に靴をつくっている会社のブログ「くつナビ」を運営しています。

靴や靴の素材、豆知識などさまざまな知識を発信していますので、こちらもぜひご参考ください!

 

※岡畑興産株式会社は、化学品事業靴受託事業が連携し、SDGsに貢献できる材料開発・用途開発を進めています。

 

 

お問い合わせはこちら!

-豆知識,

© 2022 岡畑興産の「くつナビ」